DDCL オンライン講座とは?

ABOUT DDCL LEARNING

DDCLオンライン講座とは?

DDCLオンライン講座とは?

インターネット学習による
資格取得をサポート
受講期間、何度でも繰り返し学べます。

DDCL オンライン講座は、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC JAPAN)が認定する「発達障害コミュニケーション指導者認定」の初級・中級をインターネットで学習でき、資格取得が可能なプログラムです。ご都合の良い時間に学べ、日本全国どちらにお住まいの方でも受講ができます。(中級はスクーリング参加が必須です)

本資格は平成25年、広島県でスタートした新しい資格です。すでに大学、短大、専門学校などの教育機関や、医療・福祉施設より期待されています。平成25年5月に第一回認定講習を開催し、3,000名以上の受講生がともに学んでいます。

※DDCLは”Development Disorder Communication Leader”の略称です。

一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケ―ション協会(AMWEC JAPAN)は、医療、福祉、教育、健康増進の分野において、支援者と受益者の相互理解を深めるために双方のコミュニケーションの質を高め、それを持って国民全体の福祉の向上を目指すことを目的として2011年7月に設立されました。

河野政樹先生

DDCLオンライン講座とは?

パソコン、スマホで視聴可能。
どちらにお住まいの方でも受講ができます。

認定学習プログラムを受講し、レポート提出後、認定申請することで資格が授与されます。

受講の流れ

受講期間後もご利用頂ける受講生専用ページをご利用頂けます(2016年10月開始)。

受講生サポート

※受講生専用ページはDDCLラーニングがスタートした時点よりすべての受講者がご利用頂けます。

発達障害コミュニケーション指導者認定

初級資格概要

受講者の80%が資格取得を目的に。
保護者の方も受講されています。

発達障害コミュニケーション指導者認定資格とは?

発達障害に関する基礎的な知識の習得と関わりの基本から個別・集団支援の計画作成、相談業務・指導まで、初級、中級、上級指導者の3段階が用意されております。臨床に近く、普及啓発・支援職員のレベルアップを目的にしております。

資格取得の到達目標

発達障害に関わる専門的な知識の習得と関わりの基本を学んでいる。

試験

DDCLオンライン講座では初級認定講習5部門を受講し、レポート提出後、認定申請をすることで認定
認定5部門
①発達障害の特性 ②基本的な配慮 ③障害特性に対する関わり方 ④基本的な法制度 ⑤医療

対象者

  • 発達障害に関わる職種に携わる方
  • 特別支援補助員
  • 介助業務補助員
  • 障害者施設職員
  • 放課後等デイサービス、児童発達支援員
  • 児童相談支援員
  • 小・中・高・専門・大学の教員、職員
  • 保育士、幼稚園教諭
  • 学童保育士
  • 医師
  • 看護師、保健師
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
  • 心理士、医療事務従事者
  • 就労など福祉事業所の支援員
  • 心理カウンセラー、セラピスト
  • 幼児教室、学習塾やピアノ教室等の経営者、支援員
  • 保護者
  • ボランティア、など
発達障害コミュニケーション初級講座発達障害コミュニケーション初級指導者認定証
初級オンライン講座の詳細ページ

~保育士、保育園施設長、親御さんへ~
5歳児健診を行うと発達障害が疑われる幼児さんは、12~18%程度あると言われています。多動、拘り、感覚の過敏さ、対人コミュニケーションの困難さ、言葉の遅れ、模倣ができない、不器用さなど、気になる幼児さんを経験される保育士さんはたくさんおられると思います。現在、日本では、発達障害に特化した専門資格は存在しません。保育の現場でもわかりやすく、偏りなく、医学、脳科学に基づいた学習ができ、公的な資格が取得できるそのようなプログラムです。1時間半程度の講義を5分野視聴して頂き、レポートの提出をして頂くことで取得が可能です。

中級資格概要

より臨床に近い形で細分化、
体験や実践を含めた内容で構成しています。

発達障害コミュニケーション指導者認定資格とは?

発達障害に関する基礎的な知識の習得と関わりの基本から個別・集団支援の計画作成、相談業務・指導まで、初級、中級、上級指導者の3段階が用意されております。臨床に近く、普及啓発・支援職員のレベルアップを目的にしております。

中級資格取得の到達目標

・発達障害に関する専門的な知識の習得と関わりができる。
・発達障害児者に対する個別・集団指導ができる。

試験

DDCLオンライン中級講座では中級認定講習11部門の受講とスクーリングを参加し、レポート提出後、認定申請をすることで認定

対象者

  • 発達障害に関わる職種に携わる方
  • 特別支援補助員
  • 介助業務補助員
  • 障害者施設職員
  • 放課後等デイサービス、児童発達支援員
  • 児童相談支援員
  • 小・中・高・専門・大学の教員、職員
  • 保育士、幼稚園教諭
  • 学童保育士
  • 医師
  • 看護師、保健師
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
  • 心理士、医療事務従事者
  • 就労など福祉事業所の支援員
  • 心理カウンセラー、セラピスト
  • 幼児教室、学習塾やピアノ教室等の経営者、支援員
  • 保護者
  • ボランティア、など
発達障害コミュニケーション中級講座発達障害コミュニケーション中級指導者認定証
中級オンライン講座の詳細ページ

中級スクーリング開催

リトミックによる
感覚運動支援アプローチ
中級
学習支援・LD支援からの
学習支援アプローチ
中級
感覚特性と作業特性からの
療育アプローチ
中級

よくある質問FAQ

受講申込み前のご質問

Q. 受講申込み後、返信メールが届かないのですが。

A.受講申込み後、DDCLラーニングからの返信メールが届かない場合は下記の可能性が考えられます。ご確認ください。

1.ご登録頂いたメールアドレスが間違っている場合はDDCLラーニングからの返信メールが届きません。
2.GmailまたはYahoo!メールをご使用の場合、DDCLラーニングからの返信メールが「迷惑メールフォルダ」に入っている可能性があります。お手数をおかけいたしますが、こちらのメールフォルダも合わせてご確認ください。
3.携帯電話のメールアドレスをご登録される方で、ドメイン指定受信を設定されている方は、「ddcl-learning.com」からのメール受信を許可していただきますよう、お願い申し上げます。許可していただいた上で、再度受講申込み手続きをお願いいたします。
<設定変更はコチラ(外部リンク)>
docomo |au| softbank

Q. 資格取得後、履歴書に記載しても良いですか?

A.はい、可能です。履歴書、職務経歴書への記載、ご自身のホームページなどへの資格取得に関する情報掲載、名刺への掲載は可能となっております。

Q. 領収書は発行してもらえますか?

A.はい、可能です。電子PDF領収書をメールにてお送りいたします。DDCLラーニング事務局までお問い合わせください。

Q. 海外在住ですが、受講は可能ですか?

A.はい、受講可能です。これまで米国、アジア各国の海外在住者の方にご受講頂いております。なお、受講料金のお支払い方法についてはご確認が必要です。銀行へのお振込みについては日本国内銀行からの送金のみとなります。クレジットカード決済については通常通りご利用いただけます。また指導者テキストの発送料金は実費となりますことご了承ください。

Q. 支払方法について教えてください。

A.銀行振り込み、クレジット決済(PayPal社システム:MasterCard,VISA, American Express, JCBカード)でお手続きが可能です。受講お申込みの際にどちらかをお選び頂けます。

※PayPal(ペイパル)のアカウントをお持ちでない方もご利用が可能です。

credit_img_2016_a

Q. 受講者の職種について教えてください。

A.これまで受講頂いた方の職種は以下の通りです。ご参考ください。

  • 発達障害に関わる職種に携わる方
  • 特別支援補助員
  • 介助業務補助員
  • 障害者施設職員
  • 放課後等デイサービス、児童発達支援員
  • 児童相談支援員
  • 小・中・高・専門・大学の教員、職員
  • 保育士、幼稚園教諭
  • 学童保育士
  • 医師
  • 看護師、保健師
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
  • 心理士、医療事務従事者
  • 就労など福祉事業所の支援員
  • 心理カウンセラー、セラピスト
  • 幼児教室、学習塾やピアノ教室等の経営者、支援員
  • 保護者
  • ボランティア、など

Q. DDCLオンライン講座について教えてください。

DDCL オンライン講座は、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC JAPAN)が認定する「発達障害コミュニケーション指導者認定」の初級をインターネットで学習でき、資格取得が可能なプログラムです。ご都合の良い時間に学べ、日本全国どちらにお住まいの方でも受講ができます。

本資格は平成25年、広島県でスタートした新しい資格です。すでに大学、短大、専門学校などの教育機関や、医療・福祉施設より期待されています。平成25年5月に第一回認定講習を開催し、3,000名以上の受講生がともに学んでいます。平成26年には中級を、平成27年には上級の資格試験を実施し、普及に努めてまいります。

DDCLオンライン講座は平成26年4月よりスタートし、現在日本全国、海外にわたり受講者が増えており、1,000名以上の方に受講頂いております。

※DDCLは”Development Disorder Communication Leader”の略称です。

Q. 受講の申込み資格は必要ですか?

A.初級につきましては特に申込みの資格は必要はございません。中級につきましては初級認定資格者を対象としております。

{"single_open":"true","transition_speed":"300"}

受講者サポート

ご質問にお答えいたします。

電話でのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

TEL
東京
TEL. 03-6869-3304

DDCLラーニング事務局
(ビジョンクリニック・インスティテュート合同会社)
受付時間:平日10時~17時30分
〒107-0052
東京都港区赤坂2丁目16-6 BIZMARKS 赤坂 1階

メールでのお問い合わせ

24時間受け付けております。

MAIL

お問い合わせフォーム

チャットでのお問い合わせ

2016年10月開始

CHAT

障害があるから成長できる。
明るい未来の子どもたちのために
できることから少しずつ

DDCLラーニング無料動画配信の視聴はこちら

DDCLラーニングメールマガジン

報道関係の皆様へ

オンライン受講ログイン

資格認定申請

よくある質問
FAQ
DDCLラーニング初級中級リーフレットダウンロードはこちら

お支払い方法

講座受講料金は銀行振込またはクレジットカードでお支払いいただけます。

講座受講料金は銀行振込またはクレジットカードでお支払いいただけます。

お気軽にお問い合わせください
TEL. 03-6869-3304

DDCLラーニング事務局 受付時間:平日10時~17時30分
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目16-6 BIZMARKS 赤坂 1階



お問合せフォーム
PAGE TOP