発達障害を医学的に支援できる人材に

Start content

発達障害を医学的に支援できる人材に

発達障害コミュニケーション指導者認定は平成25年、広島県でスタートした新しい資格です。すでに大学、短大、専門学校などの教育機関や、医療・福祉施設より期待されています。平成25年5月に第一回認定講習を開催し、3,000名以上の受講生がともに学んでいます。
臨床に近く、普及啓発・支援職員のレベルアップを目的としております。

発達心理・脳科学に基づく確かな技術を身につける。

DDCL オンライン講座は、一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会(AMWEC JAPAN)が認定する「発達障害コミュニケーション指導者認定」の初級をインターネットで学習でき、資格取得が可能なプログラムです。ご都合の良い時間に学べ、日本全国どちらにお住まいの方でも受講ができます。

初級オンライン講座

DDCLオンライン講座での初級認定講習5部門を受講し、レポート提出後、認定申請をすることで認定されます。平成25年に第一回認定講習を開催し、 3,000名以上の受講生が学んでいます。

詳細を見る

中級オンライン講座

DDCLオンライン講座での中級認定講習11部門の学習とスクーリングを受講し、レポート提出後、認定申請をすることで認定されます。初級認定者を対象により臨床に近い形で細分化された(体験や実践)内容を学ぶことができます。

詳細を見る

VOICE (受講者の声)

障害があるから成長できる。明るい未来の子どもたちのために今できること

  1. 中級Report

    中級:2015年10月17日(土)開催終了

お気軽にお問い合わせください
TEL. 03-6869-3304

DDCLラーニング事務局 受付時間:平日10時~17時30分
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目16-6 BIZMARKS 赤坂 1階



お問合せフォーム
PAGE TOP